ぴぴままの体験

【体験談】母乳マッサージが痛いと噂の桶谷式に通っていました。

ぴぴまま
ぴぴまま
できるだけ母乳で育てたいな・・・。

今はシングルマザーですが、当時専業主婦でミルクを外で使う必要がなかった私はそう思っていました

ぴぴまま
ぴぴまま
母乳がたくさんでたらいいな。そうだ、母乳外来に通ってみようかな?

そんなこんなで見つけたのが

桶谷式母乳相談室

 

その体験談を全公開します!

母乳信仰を信じているわけじゃないけれど。

母乳のほうが育つというような“母乳信仰”ではなく・・・

 

ぴぴまま
ぴぴまま
母乳のほうがお金もかからなそうだし、外出の時も楽そうだなぁ◎
このような理由で母乳育児を目指していました。

 

母乳信仰ってなあに?

赤ちゃんは絶対に母乳で育てなければいけないという極論のことを指します。(参考記事:母乳じゃなきゃだめですか?強まる神聖化、追い詰められる母親も 東京新聞より)

この記事では母乳で育てたいという私の気持ちも記載していますが、母乳でなければいけない・・・とは全くありません。

 

むしろ、液体ミルクなども解禁された今は混合のほうがいいなとも思います。
私が授乳していた期間はまだ液体ミルクもなく、お湯をわかして冷ましてから調乳しなければなならない手間がありました。

 

ぴぴまま
ぴぴまま
ミルクと混合は母乳もあげてさらに調乳もしなきゃいけなくて大変だ~!
赤ちゃんが泣いているときにお湯を用意してミルクを用意してから母乳をあげて・・・
これを1日8回はやるわけですから心身ともに負担が大きいです。

桶谷式とは?普通の母乳外来と何が違うの?

桶谷式母乳育児とは助産婦・桶谷そとみ(1913-2004)が考案した乳房マッサージと母乳育児方法で正式には「桶谷式乳房管理法」と言います(引用:桶谷式母乳育児サポートサイトOPPA!)

桶谷さんが考えた母乳育児だから桶谷式ということですね。

桶谷式ではただマッサージをするだけではなく、食事指導などもされます。

食事指導といってもがちがちに制限されるわけではなく、母乳がつまりやすいものやつまりにくいものを教えてもらえます。

ぴぴまま
ぴぴまま
牛肉は詰まりやすいなどと教えてくれましたが、個人差は結構あると思います。
授乳だけでなく断乳の方法も教えてくれます!

桶谷式母乳相談室の雰囲気

私は一か所しか通っていませんが、とてもアットホーム。
赤ちゃんもママものんびり時間が流れている空間でゆったりしていました。
口コミなどをみると、どの相談室も雰囲気は同じようです◎
ぴぴまま
ぴぴまま
人と話すことができてリフレッシュになります◎

母乳マッサージって痛いの?

桶谷式は痛いって聞いたから怖い・・・
ネットではよくこのような口コミがあります。

実際痛いのかどうかというと・・・

個人差!

 

痛い=おっぱいが詰まっている

 

ということだそうです。詰まりを取り除くときは痛くなります・・・(>_<)
なので、詰まりまくっている方は痛いかもしれません。
しかし、そうでないときは普通に気持ちいいマッサージ!
ぴぴまま
ぴぴまま
リラックス気分に浸ります♪
母乳が顔に飛ぶことはあります。笑

桶谷式母乳相談室に通ってよかった?

結論から言うと・・・通ってよかったです!

母乳で育てたいというママにぜひ進めたいと思います。

私の通っていてよかったポイントをお伝えします!

助産師さんと定期的にお話ができる

私はワンオペ育児だったのでとても心強い存在になったのは間違いないです。

毎回マッサージをしながら育児相談をしていました。

一人目は特に育児はわからないことだらけのはず。

ぴぴまま
ぴぴまま
赤ちゃん寝てばっかりで不安になる・・・。次の母乳相談室で聞いてみようかな?

このような疑問を持った時に、専門的な人が近くにいるとありがたいですよね。

実は私の地域では市の育児相談は3か月に一回程度。

どこかで育児相談やっていないかな?と探すも遠かったり、電話相談の時間がかなり限られていたりしますよね・・・。

ぴぴまま
ぴぴまま
次の予約日に聞いておこう!
と思うだけで心強く感じます。

今はネットですべてがわかると感じてしまう時代ですが、根拠のないものもたくさんあります。

特に子育てはシビアに情報を見極める必要があるので専門的な相談先に行くことが◎です!

母子ともに授乳が上手になった

実は授乳は母子ともに上達していくものだと、桶谷式に通って私もはじめて実感しました。

乳房の口への含ませ方、姿勢、タイミング・・・

とにかく最初はやることが多いです!

正直プロの力をかりないと無理だったなと私は思います。

 

桶谷式に通わなかったら母乳が止まっていたと思います。

そして、母乳が出ていたら出ていたで乳腺炎まっしぐら!

・・・だと思います。

母乳が分泌していても母乳を上手に飲ませることができなければ意味がないですもんね。

おかげさまで、母子ともに授乳をマスターすることができました。

授乳中は一回も乳腺炎にならずに済みました!!!

 

たまにつまり気味になることはありましたが、月に1回は通っていたので悪化する前に改善できたのが大きかったなと思います。

桶谷式母乳相談室のデメリット

これは桶谷式に限らずですが、母乳相談・母乳外来に通うとお金がかかります。

初回5000円、一回3850円でした。

ミルク代がかからないけど、管理費がかかるという意味では節約にはつながらないかも。

 

それでも母親は体が資本!

 

ということで惜しまずに通いました♪

桶谷式母乳相談室の選び方

桶谷式母乳相談室は全国にあります。

とにかく家から近いこと!

生後一か月から通っていたので、こどもを外出させるのは短時間がいいなと思いました。
車もなかったので電車で一駅のところへ抱っこ紐へ連れて行きました!

いざというときはタクシーをつかったりしていました。

口コミなども大切ですが、まずは通いやすいところが一番!
産後の体のことを考えても負担が大きすぎるのは心配です。

まとめ

母乳相談室に通うとどうなるか?

  • 授乳の姿勢を確認できる
  • 授乳の仕方が正しいか見てもらえる
  • 母乳が詰まる前に解消してもらえる
  • 母乳が詰まってなければマッサージは痛くない
  • 断乳時もサポートしてもらえる
  • 通院費はかかります!(ぴぴままは一回3895円)
  • 助産師さんに定期的に育児相談ができる
母乳相談室に通うことでワンオペ育児でも安心して毎日を過ごすことができたと思います。
授乳にお悩みがあったらぜひ、近くの母乳相談室を探してみてくださいね♪
この記事を書いた人です♪
ぴぴまま
はじめまして! 参考になったらシェアをお願いします☆彡
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です