ぴぴままの体験

コロナウイルスの対策はこどもの風邪予防にばっちりでした!

2020年脅威が日本に上陸しましたね・・・

その名もコロナウイルス!

 

新型肺炎で次々と感染しており、世界中で問題になっています。

ぴぴまま
ぴぴまま
絶対にかかりたくない!こどもに移したくない!!
と思いながら過ごしていたら・・・

なんと、この冬一度も風邪をひかずに過ごすことができました。
コロナウイルスはまだまだ怖いけど・・・

まずは基本の風邪予防が一番効果的と専門家もおっしゃっていますね。

やっていて損はないのではと思います。

ぴぴまま
ぴぴまま
実際に風邪をひかなかった私たち親子の予防法をご紹介していきます♪
母:在宅ワーク

子:2歳 待機児童

※待機児童なので保育園に行っていないので、通っている子供よりはもともと風邪をもらってきにくいというのは大きいです。※

※今後誰しもがコロナウイルスに感染するリスクがあります。※
これさえ実践すればコロナウイルスにかからないというものではなく、あくまでも現時点でこの冬を風邪0で過ごすことができてなおかつコロナウイルス対策になる方法をご紹介しています。

コロナ・風邪対策①児童館や室内遊び場は極力行かない

まずは不特定多数との接触を避けました。

  • 児童館
  • 人混み
  • ショッピングモール

街中や室内には気を付けていました。

以前はかなり児童館に行く頻度が多かったのですが、子供と親を含めるとかなりの人数が集まります。

子供や親の交流は大切ですが、こういった流行風邪の時期はいかないに越したことありません。

他の親子との交流は外遊びのときにしていました。
ぴぴまま
ぴぴまま
雪が積もる地域なので、そりすべりや雪遊びを楽しんでいました♪

冬の室内は空気がこもりがちです。

他の季節に比べて慎重になってもいいと思います。

どうしても悪天候な時は人が少ない時間に室内遊びに行っていました。

無料遊び場よりも有料遊び場のほうが圧倒的に空いています。

 

ちょっとお金はかかりますが、必要経費だと思って連れていきます。

ぴぴまま
ぴぴまま
お昼の時間を若干ずらしていくとより人が少ない中で遊べます◎

2020年2月、イベントへの参加は母子ともにすべて中止・延期しました。

イベントがなくても他の楽しみを見つけるチャンス!前向きにとらえます☆彡

コロナ・風邪対策②生活サイクルを整える

早寝早起きを心がけました。

・・・と口で言うのは簡単ですが、実際大変ですよね・・・・。

実は私ぴぴままの息子、いわゆる寝ない子供です。

 

いつまでも起きていたがり、さらに眠るのを我慢しています。

ぴぴまま
ぴぴまま
なんの努力でしょうか?

早寝早起きのために実践したこと

  1. 早い時間に起こす
  2. 昼寝時間を管理する
  3. お風呂にはできるだけゆっくり入る

 

この3つが大きいと思います。

特に③は盲点だったと思います。

 

お風呂はぬるま湯でゆっくりとつかるとリラックス効果があり、眠気を誘います。

 

お湯で遊ぶと疲れるようですし、バケツやペットボトルの空き容器を使用してエコに楽しんでいます。

寝るときはお布団の上で遊ぶのが日課ですが、最近はおやすみ絵本シアターを導入する予定です。

暗い寝室でも絵本が読めて、必然的に寝る体勢になるのでおねむになるとのこと。

購入したらこちらのレビューも書いていきます☆彡

睡眠時間については神経質になりすぎないことが大切だと感じています。

ぴぴまま
ぴぴまま
ここまでしたのになんで寝てくれないの!?

母親がこのように感じてしまうとこどもにとっても良くないですし、母親自身の精神力も削られていきます。

ぴぴまま
ぴぴまま
寝ないなぁ・・・まあ焦っていてもしょうがないよね。遊びが足りないなら、明日はもっと疲れる遊びをしよう。

 

私はこのように考えるようになってからのほうが、息子は結果的によく寝るようになったと思います。

おおざっぱな不良ママですが、とにかくおおらかに穏やかに過ごすことが一番ですよね!

 

ストレスも体調不良の原因になりますし、考えすぎずにゆっくりと生活サイクルを整えられるといいですね♪

コロナ・風邪対策③流水できちんと手を洗う

ウェットティッシュで済ませず、きちんと流水石鹸で手を洗います。

 

除菌ウェットティッシュは気休めにしかならないとのことです。

 

外食・外遊び・施設に入るとき・・・

とにかく手洗い場をみつけ、流水と石鹸で手洗いをするようにしました。

息子はすぐに口の中に手をいれる癖があったので、とにかくこまめに。

 

エレベーターのボタンなどしょっちゅう触りたがるものについてはアルコールウェットティッシュで予防しました。

アルコールジェルよりもアルコールウェットティッシュのほうが品切れ率が低く入手しやすいです♪

手洗いのあとは必ずアルコールジェルです!

 

ちなみに、手が荒れやすいので石鹸は低刺激のものを選ぶのがベスト。

ハンドクリームも使用すると手荒れが防げます。

 

除菌のし過ぎもよくないといいますが、適正なタイミングで正しい手洗いを行うことでウイルス対策になります。
もちろんうがいも忘れずに☆彡

コロナウイルス・風邪対策には基本的な予防をする!

  1. 不特定多数との接触を避ける
  2. 生活サイクルを早寝早起きにする
  3. 流水で手洗い消毒を実践する
この3つが一番の風邪対策でした。
当たり前じゃん、と思うかもしれません。

実はこの当たり前を実践することが何よりも大切なんですね!

 

有効な予防法や対策もなく、マスクやアルコールジェルが品切れが続いています。
今できる限りのことをできる範囲でやることが一番の予防法だと思います。
今回のコロナウイルス騒動を冷静に受け止め、今後も体を守れたらいいと思います☆彡

※今後誰しもがコロナウイルスに感染するリスクがあります。※

 

これさえ実践すればコロナウイルスにかからないというものではなく、あくまでも現時点でこの冬を風邪0で過ごすことができてなおかつコロナウイルス対策になる方法をご紹介しています。
通院の2次感染防止にくすりの窓口を利用しましょう!
【時短】待ち時間を大幅カット!EPARKくすりの窓口がママに最適!通院も時短ができるってご存知ですか?くすりの窓口は処方箋の待ち時間をカットできる育児中にピッタリのサービス♪使い方もご紹介していきます!...
この記事を書いた人です♪
ぴぴまま
はじめまして! 参考になったらシェアをお願いします☆彡
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です